楽天イーグルス、リリーフ陣の弱点

楽天イーグルスは千葉ロッテとのCSファイナル第2戦を延長の末、2-4で敗れました。

先発の則本投手が9回1失点と好投しましたが、延長10回にリリーフ陣が3失点してしまいました。

打撃陣がもっと点数を取っていれば違った展開になっていたと思います。

はっきり言ってリリーフ陣が出てきた時点で大量の得点差がないと勝つことは難しいです。

昨日は10回表で3つのアウトを取るのに4人も投手がマウンドに上がっています。

楽天のリリーフ陣はとにかく四球が多い印象を受けます。

だからストライクを先行させる必要があります。

そこにロッテのファーストストライクから打っていく早打ちが的中した感じです。

則本投手がほんと素晴らしい投球をしていただけに勝ちたかった試合です。

気持ちを切り替えて第3戦です。