2019年の春季キャンプが始まりました

昨日から2019年のプロ野球の春季キャンプが一斉に始まりました。

仙台はまだまだ寒いですが、楽天イーグルスのキャンプが行われている沖縄県の久米島町は、最高気温が17.3度でした。

これでも現地では肌寒いと表現されているみたいです。

まず河北新報の1面に掲載されている写真ですが、松井祐樹投手が張り切っている様子が伝わってきます。

昨年は減量が悪い方向に行ってしまい、シーズン前半は思うように結果を出すことができませんでした。

ただこれもいい失敗だったと思います。

くわえて結婚もしましたね。

いろんな意味で巻き返しのシーズンとなることから、今季の松井投手には期待できると思っています。

次にこの写真ですが、パッと見たときに誰だかわかりませんでした。

FAで新規加入した浅村栄斗選手です。

おそらくライオンズのユニフォームを着ていればすぐにわかったかと思います。

岸孝之投手もそうでしたが、楽天イーグルスと西武ライオンズのユニフォームってまったく雰囲気が違うので、やはり見慣れるまで時間がかかりそうです。

浅村選手にはとんでもなく大きな期待がかかっているはずです。

ただ、個人的には昨シーズンの8割くらいの成績を残せればいいのかなと思っています。

これは浅村選手の実力の問題ではなく、次の打者が誰かによるということです。

昨年のライオンズ打線は、浅村選手の次が本塁打王のタイトルを取った山川選手でした。

ですから、ホームランを打つ可能性が高い山川選手の前で浅村選手を塁に出したくないわけです。

そうなると、浅村選手に絶対に四球を与えてはダメで、どうしてもストライクゾーンで勝負をせざるを得なくなるわけです。

そういう思い込みで昨年の浅村選手がもらった四球の数を見てみたら68個で、意外と多かったです。

それよりも多かったのが山川選手で、88個でした。

楽天イーグルスも含めて、相手チームは3番、4番との勝負を連続で避けていたのかもしれません。

とはいえ、浅村選手の次を誰が打つのかはとても大事なことです。

誰が適任か、簡単に思い浮かばないところがちょっと寂しいです。

それでも毎年この時期は期待だけがどんどん先行していきます。








価格比較・最安値の通販.com
ロングセラーから新商品まで、人気通販サイト(楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング等)の価格比較・最安値、おすすめランキングの情報を掲載しています。



奇跡が起きるとき?

ここ最近の楽天イーグルスを見ていると、投手陣が大崩れすることも少なくなったし、打撃陣も外国人選手を筆頭に戦力が整いつつあります。

最下位のオリックスとの3連戦なので、できれば3連勝をして、シーズン終盤が楽しめるようにしたいところです。

昨日は1回からアマダー選手の3ランホームランが出たり、3回にはウィーラー選手の2ランホームランが出たりと、テレビで見ていても気楽に見ていられる試合でした。

やはりホームランの威力はすごいです。

簡単に大量得点につながります。

アマダー選手は確実に日本の野球に適応してきていますね。

さすがメキシカンリーグで昨シーズン本塁打と打点のトップになった選手だけあります。

あとケガさえなければ、このままいい成績を残してくれそうです。

あと先発の釜田投手ですが、やはり7回まできっちり投げてほしかったです。

結局その後に3人の投手を要してしまいました。

暑い中での連戦が続くので、なるべく中継ぎ陣を休ませおきたいところです(とくに福山投手は)。

不調が続いていた銀次選手も調子を上げつつあります。

昨日も3安打でした。

個々の選手がそろって調子を上げてきたとき、奇跡が起きるかもしれません。

まずは今日の試合でオリックス金子投手を攻略です。

交流戦、大敗の陰に四球連発

1点、5点、3点、1点、0点、2点、1点。

これは楽天イーグルスの交流戦での試合ごとの失点数です。

意外と失点が少なく投手陣はいい評価ができると思います。

しかし、昨日はダメでしたね(3-10の大敗)。

原因は先発のリズ投手の乱調です。

3回途中4失点で早々と降板してしまったので、中継ぎ陣がロングリリーフをしなければならない状況になってしまいました。

福山投手は失点0と見事でしたが、西宮投手と安楽投手はともに3失点でした。

西宮投手は2アウトから3失点しましたが、ここは何がまずかったかわかっていると思います。

四球です。

先発のリズ投手もそうでした。

この2人だけで8個もの四球を出したのです。

と、いくら四球について批判しても、誰だって四球を出すことが悪いことはわかっています。

問題は、どうして四球を出してしまったかということです。

多くは制球がうまく行かなかったことでしょう。

長打を警戒するあまり、ボール球しか投げられなかったということもあるでしょう。

まだまだシーズンは長いので、見つかった課題を日々少しずつ克服していく作業をしていかなければなりません。

楽天イーグルスにいいアドバイスができる投手コーチがいることを願っています。

オリックス3連戦を振り返る

先週金曜日からコボスタ宮城でオリックス3連戦が行われました。

仙台も暑い日が続きました。

しかし、逆に試合の方は寒かったですね。

10日金曜日の試合は延長12回でも決着が付かず引き分けでした。

11日土曜日の試合は終盤に追い上げましたが、3-4で敗れました。

その日の夜は花火大会をやってくれました。

せめてものなぐさめですね。

我が家では試合は見ませんでしたが、夕食後に周辺住民として楽しませてもらいました。

12日日曜日の試合は一方的な試合で、9-4で敗れました。

最近はほんと勝てなくなりましたね。

まあしょうがないかなと思います。

はっきり言って2軍のチームです。

早くケガで離脱している選手たちが戻って来てくれることを願います。

今試合に出ている本当は2軍の選手たちはこのチャンスを生かしてほしいです。

釜田佳直の力が必ず必要になる

今日はサッカーのJリーグが開幕しました。

ベガルタ仙台はいきなりの東北ダービーでしたが、2-0で山形に勝利しました。

主力メンバーがごっそり抜けて若返ったチームですが、とりあえず戦えるチーム状態であることを確認できてよかったです。

さて、プロ野球の開幕はまだ先のことです。

今日の河北新報に楽天イーグルスの釜田佳直投手のことが出ていました。

3者連続三振の松井祐樹投手に比べたら扱いは小さいですが、私が読んだのは釜田投手の方です。

手術をしたためずっと実戦から遠ざかっていましたが、今季はまた1軍のマウンドに戻れそうな感じです。

釜田投手がどれくらいチームから期待されているかというと、あの岩隈投手がつけていた背番号21を引き継いだことからわかるかと思います。

でも本人はマウンドに上がれずずっと焦っていたと思います。

松井投手をはじめ次々に若い投手が出てきていますから。

安楽投手だって入団しました。

でも焦ってはいけません。

釜田投手は若いくせに抑えようと思えば抑えられる力を持っています。

これは入団当時の佐藤コーチ(現ソフトバンク)も認めるところです。

大久保監督はオールスターまでに戻ってきてくれればいいと話しています。

必ず釜田投手の力が必要になるときが来ます。

その日を楽しみにしています。

元楽天・高須洋介の現在は?

楽天イーグルスの情けない試合が続いています。

すでに借金が8まで膨らんでいます。

ここから優勝するにはすでにメークドラマの領域です。

さて、元楽天の高須洋介選手のことを思い出しました。

「懐かしい~」と思う人も多いでしょうが、高須選手が楽天を退団となったのは昨年10月のことで、まだ1年も経っていません。

そして、12月に独立リーグのアルビレックス新潟BCへの入団が発表されました。

選手兼任で野手総合コーチも務めるということでした。

現在はどうしているのでしょうか。

ホームページを見ると、すかさず高須選手の名前が飛び込んできました。

21日なので昨日ですね。

インターネット番組「高須野球クリニック」に出演したようです。

いい番組名ですね。

そう思っていたら新潟の監督はあのギャオス内藤ですか。

楽しそうですね。

と思うのは間違いで、野球の現場はどこも厳しいと思います。

機会があったら生でこちらの野球も見てみたいですね。

アジアシリーズ今後は廃止でお願いします

日本一に輝いた東北楽天イーグルスの本拠地Kスタ宮城にはお祝いの花が続々と届けられています。

さて、これで楽天イーグルスの今シーズンが終わったわけではありません。

今月の15日から台湾でアジアシリーズがあります。

日本からは日本シリーズを制したチームが出場しますが、本音を言えば罰ゲームですよね。

主力選手たちは日本シリーズを戦い抜いて疲労困憊です。

だから主力選手の出場はない予定です。

だとすればこんなアジアシリーズに何の意味があるのでしょうか。

できることなら今後は廃止でお願いします。

と強く主張したいところですが、べつに存続したままでもいいです。

楽天のリリーフ陣には少しでも早く復調のきっかけをつかんでほしいです。

日本シリーズではほとんど登板の機会がありませんでしたから、このアジアシリーズで頑張ってもらいたいです。

結果についてはごちゃごちゃと言わないようにお願いします。

楽天イーグルス、感動ありがとうセール!

楽天イーグルスがCSを制覇して、日本シリーズ進出を決めました。

今日の新聞折込にはセールのチラシが何枚か入っていました。

でもよく見ると、CS制覇ではなく「感動ありがとう」のセールなのです。

つまり、楽天イーグルスが勝っても負けてもセールができるようになっている内容なのです。

なんか興ざめしてしまいます。

でもしょうがないですよね。

勝負事はどうなるかわかりません。

でもセールの準備をしておかなきゃいけない。

さて、次は日本シリーズです。

お店としてはどんな準備をするのか。

負けたときにも対応するため、また「感動ありがとう」で行くのか。

それとも「日本一おめでとう」も準備しておくのか。

こちらも真剣勝負です。

リリーフ陣の弱点

楽天イーグルスは千葉ロッテとのCSファイナル第2戦を延長の末、2-4で敗れました。

先発の則本投手が9回1失点と好投しましたが、延長10回にリリーフ陣が3失点してしまいました。

打撃陣がもっと点数を取っていれば違った展開になっていたと思います。

はっきり言ってリリーフ陣が出てきた時点で大量の得点差がないと勝つことは難しいです。

昨日は10回表で3つのアウトを取るのに4人も投手がマウンドに上がっています。

楽天のリリーフ陣はとにかく四球が多い印象を受けます。

だからストライクを先行させる必要があります。

そこにロッテのファーストストライクから打っていく早打ちが的中した感じです。

則本投手がほんと素晴らしい投球をしていただけに勝ちたかった試合です。

気持ちを切り替えて第3戦です。